妹の親友 処女から堕ちた女の子

NO IMAGE

↓ダウンロードはここから↓
妹の親友 処女から堕ちた女の子

(注) 本編では、完全に顔を出しています。ペイントで隠している部分もありません。 40売れたら終わりにします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真 5枚 サンプル的なもの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●●●になって1年目。 男子だけの訓練施設で過ごしてきたから毎日男の体ばかり見てきた。 男の体で発情してしまうのではないかと思ってしまうほど、性欲が暴発しそうだった。 そんな訓練を終えて自宅に戻りひとときの休息。 そんな中、妹が帰ってきた。 友達一人を連れてきたのだが、妹はそんな事も気にせず「おかえりーおにいちゃん!」と飛びついてきた。 小さな胸が当たる。 髪の毛のいいにおい。 無邪気な妹に不覚にも反応してしまい、軽く勃起してしまったので、下半身に当たらないよう
妹をそのまま持ち上げて居間まで連れて行った。 ふと、視線を妹の友達に向けるとたまたまかもしれないが、俺の股間を見ていたように思えた。 目が合うとすぐに逸らした。 30分程、談話していると母から妹へ連絡が入り、
パーティーをするための食材を買い忘れたから買ってきてほしいと電話が来た。 すぐ帰るから、と妹は家を出て、友達と俺のふたりきりになってしまった。 友達は何故帰らないのかと、妹が出る時にこそっと聞いたが、
母親と大げんかしてしまったらしく、夜になるまで帰りたくないとのこと。 5分経過
妹の友達はスマホをいじっている
少し気まずいなぁ と感じながらも
雑誌からその子に視線を移すとパンツが…
とてもリラックスしてしまっているのか、両膝を上に顎をのせてスマホに夢中になっている
M字開脚のパンチラ もっこりしたやわらかそうなあそこ
俺は音のでないカメラで写真を撮り、それでもなおチラチラと見てしまっていた。 すると、それに気付いた妹の友達がバッと座り直した。 パンツ見た? とでも言わんばかりの視線を俺に送ってくる。 この空気を変えなければいけない…
笑顔で近寄りなにか話そうとすると、
ビクン!身体を震わせて逃げようとする。 視線が俺の顔から外れて下を凝視していた。 俺は勃起したまま、その子に近寄っていた。 いやこれはあの違うんだ生理現象というか…
ーーーー略~
手首を固定し、ショーツの上から触ると濡れているのがすぐにわかった。 ※状況によりすぐに販売終了する可能性もあります。映像の人物は18歳以上であることを身分証にて確認しています。 ※身につけている衣装や小物は全て演出、文章も作成されたものです。 ※転載・転用・転売など著作権を侵害する行為を禁じます。




↓続きはココ↓

妹の親友 処女から堕ちた女の子